辛い更年期障害とは?!

 

最近では若年性更年期障害といって20代や30代でも更年期障害の症状で悩む方が増加しています。

のぼせほてりなどを感じたら更年期障害の可能性があります。

 

更年期障害とは?

更年期の年齢は、一般的に閉経前後の数年間をいいます。

閉経の年齢は個人差が大きく、40代前半に迎える女性もいれば、50代後半になっても迎えない女性もいますので更年期の年齢は個人差があります。

この時期に、のぼせ・ほてり(いわゆるホットフラッシュ)・めまい・頭痛・全身倦怠感・不眠などといった身体的な症状、また、気持ちの落ち込み・やる気のなさ・不安・憂鬱などといった精神的な症状がみられます。

 

原因

更年期障害の原因は、女性ホルモンの急激な低下に伴う事でおこります。

そもそも月経は、脳や卵巣、子宮に関連して起こる現象です。

女性は産まれたとき、卵巣におよそ40万個の卵子をもっています。

成長につれてその卵子は徐々に消失し、およそ50歳でほぼなくなります。

私たちがよく耳にする「女性ホルモン」のひとつに、エストロゲンというホルモンがあります。

このエストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンです。

更年期を迎えると体内に残っている卵子の数自体が極端に減るとともに、徐々にエストロゲン分泌が低下します。

これを脳が感知してさまざまな反応を起こすことで、更年期症状を引き起こすと考えられています。

症状

〈身体的〉

・のぼせ

・ホットフラッシュ

・めまい

・頭痛

・全身倦怠感

〈精神的〉

・気持ちが落ち込む

・無気力感

・不安を感じる

・憂鬱である

 

仕事の精神的ストレスや子供が自立したり、親の介護が必要になったりと生活リズムに変化がみられるときにも更年期の症状があらわれやすくなります。

治療方法

西洋医学では更年期障害と診断されれば、治療には「ホルモン補充療法(HRT)」が主に用いられますが、ホルモン療法に抵抗を感じられる方や体質、他の病気のためホルモン療法を使用できない場合があります。

そういった方におすすめなのが鍼灸治療です。

鍼灸治療では一人ひとりの身体の状態を診察し、治療方針 を決め、その人にあったツボを選びます。

そのツボに鍼や灸をすることで全身のバランスを整え症状を緩和させるとともに体質の改善を図ります。

 

セルフケア

太衝(たいしょう)穴とは、足の甲にあり親指と人差指の間で指先から足首に向って指をすべらせると止る場所にあります。

太衝穴は気を下に降ろす作用が強いため、イライラによる頭痛やのぼせなどの症状を軽くする効果があります。

症状が軽く病院に行くまでもないという方も症状に悩まれている方も鍼灸治療で体調管理を行ないましょう!

タイトルとURLをコピーしました