四十肩・五十肩の正体

 

四十肩・五十肩の正体

『四十肩』もしくは『五十肩』という言葉を、1回は耳にしたことがあると思います。

 

実は四十肩や五十肩の正式名称は『肩関節周囲炎』と言います。

その名の通り肩関節の周囲に炎症が起きることで、動きが悪くなったり、痛みがでます。

 

今のところはっきりとした原因はわかっていません。

 

 

症状

・髪を後ろで結ぶ時

・シャンプーする時

・エプロンのヒモを結ぶ時

・服を着替える時

などに痛みを感じることが多いです。

 

 

経過

四十肩・五十肩は3つの期間を辿るのが一般的な経過です。

 

○ 急性期(疼痛期)

この期間は腕を上げた時だけでなく、腕を内側や外側にねじった時などにも痛みがでます。痛みは次第に強くなり、夜寝ている時にも痛む夜間痛もしばしばみられます。

 

 

○ 慢性期(拘縮期)

急性期の痛みにより動かさない状態が続くことで、筋肉や関節が硬くなり、動かせる範囲が狭くなってしまいます。特に手が後ろに回らなくなることが多いです。 痛みや夜間痛は落ち着きますが、過度に動かした際につっぱり感を感じることがあります。

 

 

○ 回復期

少しずつ動かせる範囲は広がります。中には痛みや拘縮が後遺症として残ってしまうケースもあるので、しっかりと治療をしケアする必要があります。

 

※ 拘縮 … 関節が固まってしまい、動きが制限されること。

 

 

治るまでの期間

実は四十肩・五十肩は、治療をせず放置しておいても自然と治ります。

しかしその場合治るまでに1〜3年はかかると言われています。

さらに回復期のところで書いた通り、拘縮の後遺症が残る可能性が高くなります。

 

肩の痛みが1〜3年続くとなると、嫌ですよね。

 

当院では鍼灸整体治療と漢方薬で、身体の外側と内側にアプローチをし、早期回復を目指します。

 

時間が過ぎるのを待つというのも1つの手ですが、少しでも早く治したい方、治ったけど後遺症がまだ残っている方、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました