誰もが経験「なんとなく不調」

誰もが経験、なんとなく不調

疲れ、冷え、頭痛、不眠、腰痛、肩こり、むくみ、イライラ……。

病院に行くほどでもないし、行ったとしても別に病気でもなく病名がつかない、でもなんとなく調子が悪い。

こう言った症状のことを不定愁訴(ふていしゅうそ)と言います。

これは老若男女問わず、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

 

不調の原因

東洋医学で不定愁訴は人間の体を構成する 気(き)・血(けつ)・水(すい)のバランスが乱れることで起きると考えます。

 

とは生命エネルギーのこと。

は全身に栄養と酸素を運ぶ血液。

は体液・リンパ液・水など血液以外の水分を指します。

 

車にたとえると、気はエンジン、血はガソリン、水はエンジンオイル。

どれか一つ欠けても車は走れません。

人間の体も同じです。気・血・水のどれかが不足したり滞ったりすると、さまざまな不調が表れます。

特に重要なのは、エンジンに当たる「気」です。 血や水を全身に運ぶ役割を担う「気」が不足すると、全体の巡りが悪くなってしまうのです。

 

東洋医学では、気が不足した状態を 気虚(ききょ)、気の巡りが悪くなった状態を 気滞(きたい) 、血が不足した状態を 血虚(けつきょ)、血が滞った状態を 瘀血(おけつ) 、水が滞った状態を 水毒(すいどく)と呼びます。

 

気虚になると疲れやだるさ、免疫力の低下による不調などが起こります。血虚は不眠や、些細なことで動悸がするなど精神的な症状が表れる。上半身で血の巡りが滞ると肩こりや腰痛、下半身で悪くなると足の静脈瘤や痔などを引き起こし、水毒になると、むくみなどの症状が生じやすくなるのです。

また、頭痛やめまいは、気滞をはじめ、どのタイプでも起こります

 

 

 

不調チェックリスト

 

□ 手足は冷たいのに顔や頭はのぼせる

□ 肩こりや腰痛がひどい

□ 目の下にクマがある

□ 顔色がくすんでいる

□ 足に静脈瘤がある

□ 知らないうちにあざができている

⇒瘀血(血の滞り)

 

 

□ 疲れがとれない

□ 尿漏れがある

□ 冷えやすい、冷え性

□ 風邪をひきやすく、治りにくい

□ 目の下がたるんでいる

□ お腹がポッコリ出る、下半身が太りやすい

□ 外出やおしゃれがおっくうになる

⇒気虚(気の不足)

 

 

□ 顔や体がむくむ

□ 体が重く、だるい

□ 雨の日に関節や腰が痛む

□ 下痢や軟便が続く

□ 吐き気やめまいがする

□ せきや鼻水が出る

⇒水毒(水の滞り)

 

 

□ 皮膚や目が乾燥する

□ シミやシワが増えた

□ 爪がもろい

□ 些細なことで動悸がする

□ 抜け毛が増えた

□ 不安で眠れない

⇒血虚(血の不足)

 

 

□ ストレスで胃が痛む

□ 下痢と便秘を繰り返す

□ 胸やわき腹が張る

□ ため息が多くなった

□ 片頭痛が起きる

□ 些細なことでイライラする

⇒気滞(気の滞り)

 

当てはまる症状が多かったのは、どれでしたか?

 

 

症状別おすすめ食材

 

○ 気虚

肉、魚、卵、根菜類の温野菜、山芋、胡桃 など

 

○ 気滞

生姜、ネギなどの香味野菜、胡椒や唐辛子などのスパイス、ミントやシソなどハーブ類

 

○ 血虚

肉、魚、卵、黒ゴマ、ほうれん草 など

 

○ 瘀血

にら、玉ねぎ、黒キクラゲや黒豆などの黒い食材、青魚 など

 

 

○ 水毒

ニガウリ、アサリ、筍、もやし、大根、大豆 など

 

 

まとめ

あなたの体質はどうでしたか?

体質はすぐには改善しません。食事など普段の生活から気をつけていくことで、少しずつ変わっていくものです。 不

 

調に悩んでいて、早く改善したいという方は漢方薬もオススメです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました