土踏まずの役割

土踏まずの役割

足の裏にある土踏まずのアーチが、実はすごく重要な役割を果たしてくれています。

歩いたり走ったりするときに地面から受ける衝撃を、土踏まずのアーチがクッションの役割を果たし衝撃を緩和してくれます。

 

 

土踏まずがない扁平足

土踏まずがない状態のことを【扁平足】と言いますが、この状態が続くと膝や股関節、足の裏などにも支障が出たり、外反母趾にもなってしまう可能性があります。

 

次のような方は扁平足予備軍かもしれません。

・足が疲れやすい

・長時間歩くと足の裏が痛くなる

・足の裏にタコやマメが出来やすい

 

 

土踏まずを復活させる方法

まず扁平足(予備軍の人も)の方は、足の指が地面に着かず、使えていないことが多いです。

いわゆる「浮き指」の状態です。

 

 

よって足指を使えるように意識することからスタートしましょう。

 

① 足指ジャンケン

足の指で グー・チョキ・パー を繰り返し10回行いましょう。

 

② タオルギャザー

立った状態かイスに座った状態で足の下にタオルを敷きます。

そのタオルを足指で手繰り寄せてみましょう。

タオルがない場合は、タオルがあるイメージでエアータオルギャザーでもOKです。

 

 

③ 5本指ソックス

5本指ソックスはそれぞれの指が意識できて、とても良いです。

扁平足を治したい方は日頃から5本指ソックスを履いてみるといいかもしれません。

 

 

ケア方法

長時間歩いて足の裏が疲れたり、痛くなったりした場合は青竹踏みや、足の裏でスーパーボールやゴルフボールをゴロゴロと転がして足裏の筋肉をケアしましょう。

 

 

まとめ

小さいくぼみの土踏まずですが、重大な役割を果たしていることが分かったかと思います。

今日から土踏まずを気にかけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました