「自律神経」とは

「自律神経が乱れている」

「自律神経が原因」 などなど

よく耳にする【自律神経】とは一体どういうものなのでしょうか?

 

自律神経とは

自律神経は内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、意思とは関係なく24時間働き続けています。

意識をしなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりするのは、自律神経があるからです。

 

 

自律神経は2種類

自律神経は昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」と、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります。

2種類の神経がどう作用するかによって、心や体の調子は変わります。

 

交感神経が強く働くと、血圧が上がり、瞳孔が拡大して、心と体が興奮状態になります。

一方、副交感神経が優位に働けば、血圧が下がり心拍数は減少。瞳孔が収縮し、心と体が休んでいる状態になります。

この二つは、一つの器官に対して互いに相反する働きをしています。

 

 

自律神経が乱れると

心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経がうまくバランスを取りながら働いているおかげで、私たちの健康は保たれていますが、このバランスが崩れると心身に支障をきたします。

これが「自律神経が乱れる」という状態です。人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレス、過労による肉体疲労の他、昼夜が逆転したような不規則な生活などが、自律神経の乱れの原因になります。

 

 

自律神経失調症

「自律神経失調症」という言葉を聞いたことはありますか?

自律神経の乱れから不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などさまざまな症状があらわれる病気です。

これらの症状は人によって大きく異なります。

 

自律神経がバランスを崩すと、臓器にも悪影響を及ぼします。

胃酸が過剰に分泌され、胃痛や胸やけを感じる「神経性胃炎」、腸のぜん動運動に異常が生じ腹痛を伴う下痢や便秘が起こる「過敏性腸症候群」がなど。また、突然浅く速い呼吸を繰り返す「過呼吸症候群」になると、息苦しさの他、めまいや手足のしびれがあらわれます。

 

 

自律神経の乱れを予防するには

ストレスを感じることが多い現代社会では、交感神経が過剰に働いている場合があるので、心を鎮める副交感神経が優位に働くよう、意識的にリラックスできる方法を取ることが大切です。

例えば、気持ちが穏やかになる音楽を聞いたり、ぬるめの湯につかったりしてみてはいかがでしょうか?

 

ライフスタイルを見直すこともおすすめです。

私たちの生活は、食事、睡眠、休養、労働(勉強)、運動の5つの要素で構成されており、これらが毎日規則正しく行われていれば、生体リズムの調子が整います。忙しくてもできるだけ一定の時間に食事を取り、睡眠時間を確保するよう心掛けましょう。

 

睡眠の質を良くする食べ物には、眠りを促す成分トリプトファンを含む乳製品や米、ごま、バナナの他、副交感神経の働きを高めるマグネシウムを含む豆腐やナッツ類などがあります。

 

他にもいろいろあります。

例えば、カルシウムは神経の伝達に重要な役割を果たす成分です。神経細胞の興奮を抑える働きがあり、不足すると怒りっぽくなると言われています。牛乳や小松菜などカルシウムを含んだ食品を取りましょう。

また、ビタミンCを含むパプリカやレモンもストレス対策におすすめです。自律神経のコントロールには、ビタミンAを含む鶏レバーやうなぎ、ビタミンEを含むアーモンドやオリーブオイルなどが効果的です。

 

 

まとめ

私たちが生活する上で、人間関係の悩みやストレスは多少なりともあるかと思います。

ストレスを和らげて自律神経のバランスを整えるためには、心身を興奮状態にする交感神経の働きを弱め、体を休ませ、気持ちを落ち着かせる副交感神経の作用を強くすることが大切です。

自分に合うリラックス方法を見つけるなどして、快適な毎日を送れるように心がけましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました