産後のトラブル

妊娠・出産は女性にとって大変負担がかかり、出産は交通事故並みのダメージとも言われます。

それほど大きな仕事でありパワーがいりますよね。

 

出産後は育児がスタート。赤ちゃんのお世話で疲労が溜まったりで、心身共に大きな負担が更にのしかかってきます。

それらが多くの産後のママさんに様々なマイナートラブルとなって影響してきます。

 

様々なマイナートラブルの中でも、特に産後気をつけたいものをいくつかご紹介します。

 

 

腱鞘炎

腱鞘炎により指や手首を痛めるママさんが多くいらっしゃいます。

「腱」とそれ覆っている「腱鞘」という部位がこすれて炎症を起こし痛みとなります。

初めは炎症をしている部位の痛みとだるさがありますが、次第に酷くなるとちょっとの動作で電流が走ったような強い痛みを感じます。

 

 

原因

主な原因は"手首・指の使い過ぎ"によるものです。

産後のママさんは出産後で体力が落ち、筋力が弱くなっているうえに育児や家事などで、手首を酷使しています。

度重なる抱きかかえや、抱っこしている動作は筋肉の少ない細い手首には大きな負担となります。

 

それに加え…

妊娠中に大量に分泌されていたエストロゲンというホルモンが、出産後急激に低下します。

エストロゲンが低下すると、腱を覆っている「腱鞘」が肥厚し、さらに腱との摩擦が起こりやすくなり腱鞘炎を発症します。

 

要するに『手首の酷使』と『ホルモンの影響』でのWパンチです。

 

 

予防・対処法

手首に負担をかけないアイテムなどの活用

負担をかけないことが一番ですが、育児や家事に手を使わないというのは無理ですよね。

なるべくベビーカーや抱っこ紐、授乳クッションなどを活用し、出来るだけ手首や肩への負担を減らす工夫をしてみましょう。

 

熱を持ってる時はアイシング

腱鞘炎がひどくなると、患部に炎症が起こって熱を持ちます。

熱と痛みがある部分を氷のうやアイスノンなどでアイシングするようにしてください。

また、入浴も長風呂を避け患部を温め過ぎないようにしましょう。

 

 

 

自律神経の乱れ

体力もなかなか回復せず慣れない育児の疲れと睡眠不足でイライラ…

心身ともになんかスッキリしない… という産後のママさんも多いです。

立ちくらみやめまい、胃の痛みなどの症状があらわれている場合、その原因は自律神経の乱れかもしれません。

 

原因

女性ホルモンのバランスの急激な変化により自律神経が乱れ、特に交感神経が優位になってしまいます。

それにより身体を休めようと思ってもなかなか休まらなかったり、イライラして不安定な状態になってしまいます。

また、出産が終わってホッとする間もなく育児中心の新しい生活環境でリズムを崩したり、なかなか思い通りにいかなかったりでストレスが溜まったり、睡眠不足なども大きな原因になります。

 

 

予防・対処法

セロトニンを増やす

女性ホルモンの急激な変化は産後は避けることができませんが、自律神経を整えるセロトニンの分泌を増やすと多少改善されるでしょう。

 

・朝日を浴びる

起きたらまずカーテンを開けて、太陽の光を浴びることが大切です。

セロトニンは朝日を浴びると分泌量が増えます。

 

・食事で補う

セロトニンを生成するために必要な、必須アミノ酸のトリプトファンは体内で生成することが出来ないため食事から摂るしかありません。

豆腐・納豆・味噌などの大豆製品、チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、お米などの穀類に多く含まれています。

 

 

まとめ

育児や家事ももちろん大切ですが、妊娠・出産を頑張ってこられたご自身を労ることも忘れないでくださいね。

 

お子様と一緒に来院可能です。

産後の悩みご相談ください。

本厚木院:https://line.me/R/ti/p/%40xwo7820d

町田院: https://line.me/R/ti/p/%40mvq1933q

タイトルとURLをコピーしました