満月と片頭痛の関係性

満月は潮の満ち引きに関係したり、地球全体に影響を及ぼす力があるようです。そればかりか、人体にも影響を与えます。

満月が及ぼす身体の変化

私たちの身体は、60%以上が水分でできています。

この水分が、月の引力と同じく、私たちの身体にも影響を及ぼします。

大潮と同じように、満月が近づくと体内に水が溜まり、身体がにむくみがやすくなってしまいます。

むくみがあると身体がダル重くやる気も起きなくなってしまいますよね。

これも満月の影響だと考えてもいいかもしれません。

満月前などに起こる『満月前症候群』

満月・もしくは満月の前に出る頭痛はこう名付けられています。

偏頭痛の治療で来院されているZさんに、 「満月近くになると偏頭痛が出るような気がする。」とおっしゃっていました。

お話を聞いていくとZさんもこの「満月前症候群」の可能性が高いです。

満月の影響で出血傾向とホルモンの影響で血管が拡張し偏頭痛が出やすくなってしまいます。

逆に新月では血管が縮むことにより筋緊張性頭痛が出やすくなると言われています。

どちらも注意しなければいけませんね。

解消方法と対策

鎮痛薬が効きにくいため、静かな場所でリラックスするのがいいでしょう。

予防としては適度な運動をするのがオススメです。

軽めな運動とは、

・息が上がるほどハードではない

・気軽に続けられる

・心地良いと感じる     この3つがポイントです。

ウォーキングや息が上がらない程度のジョギングをすると予防にもつながります。

最後に

ゆったりお風呂に入ったり、自分の身体をマッサージしたり。

好きな音楽を聴いてリラックスするのもよし。

  たっぷり睡眠をとるのもいいでしょう。

確かに【満月】の影響で偏頭痛が出てしまうかもしれませんが、それだけではありません。

生活習慣の乱れも1つの問題点かもしれません。見直してあげるのも自分の為です。

この時期は情緒不安定になりやすいですが、そんな時こそ、自分の心と身体をいたわってあげてくださいね。 (*^-^*)

鍼灸治療でも片頭痛や緊張性頭痛などの頭痛を改善することが出来ます!!
お気軽にご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました