お土産いただきました♡ コーヒーの効果

患者さんから京都のお土産いただきました!

 

\ どぅーーーーん /

 

コーヒーのフィナンシェです!

チョコチップ入り!

 

京都は一世帯あたりのコーヒー消費量日本一みたいですよ!

意外( ゚д゚)

 

 

コーヒーがもたらす効果

脳を活性化

知っている人も多いと思いますが、コーヒーのカフェインには覚醒作用があり、眠気が覚めるだけでなく、集中力も高めてくれます。

さらに、認知機能を向上させて注意力の低下を防ぐ効果があるため、脳が活性化するのです。

実際にコーヒーを継続的に摂取して、アルツハイマー型の認知症にかかるリスクが低下したという事例もあります。

 

 

リラクゼーション効果

コーヒーの香りは前頭葉を刺激します。

その効果はコーヒーのブランドによって様々です。

ブルーマウンテンのように気分をリラックスさせたり、マンデリンのように情報処理能力を高めてくれたりします。

味だけでなく、そのときの気分に合わせてコーヒーのブランドを選んでみるのもありです。

 

 

ダイエット

コーヒーのカフェインで交感神経が刺激されるため、血流を促進して脂肪の代謝を高めてくれます。

さらにポリフェノールも脂肪の消費量を増やすため、内臓脂肪の減少に役立ちます。

同時に老廃物の排出も活発になるため、ダイエットするときの飲みものに最適です。

 

ただし、ダイエット目的で飲むときは砂糖やミルクなどを加えず、ブラックで飲みましょう。

 

他にもカフェインは運動能力を高め、体内に取り込む酸素の量を増やしてくれますし、ガンを抑えたり、死亡リスクが減るという報告もあります。

 

 

胃の働きを良くする

ポリフェノールは胃酸の分泌を促し、消化を助けてくれるので、食後にコーヒーを飲むのがおすすめです。

逆に空腹時は胃の粘膜を刺激して荒れてしまう恐れがあるので、避けた方が良いでしょう。

 

 

 

飲み過ぎは注意

飲みすぎてしまうとカフェインの過剰摂取になり、不眠やめまい、吐き気、下痢など体調不良の原因になるので注意しましょう。

 

 

まとめ

健康にいいけど、摂取しすぎると悪影響というのはコーヒーだけに限りません。

何事も適度が大切です。

 

コーヒーフェナンシェすごく美味しかったです

ありがとうございます!!

タイトルとURLをコピーしました