寒くなってくると、寝るときに靴下を履いて寝るか脱いで寝るか迷いませんか?

私も最近寒くなってきたので毛糸の靴下を履くようにしていますが寝る前には脱いでいます。

「靴下を履いて寝るのは良くない」という説もありますが、とはいっても、足が冷えて辛いので靴下を履いたまま寝たいですよね。

そこで今回は、寝る際に靴下を履くメリットとデメリットをお伝えします。

睡眠時靴下を履くメリット

 

寒さから、足の表面を守ってくれる他に、保湿クリームを塗って靴下を履くことで足元の乾燥を防ぐことが出来ます。

 

 

睡眠時靴下を履くデメリット

 

締め付けるため血行が悪くなる

 

足指を自由に動かせなくなり、ますます足先に血液が届きにくくなります。

 

また、皮膚感覚が麻痺し、脳からの体温を調節する指令が伝わりにくい状態になってしまいます。

 

通常は寝る時に、体の中心の温度を下げるために熱を放散しますが、靴下はそれを妨げてしまいます。

 

睡眠中に足に汗をかきやすくなる

 

汗が足の皮膚の温度を外へ逃し、ますます足が冷たくなります

 

足の不快感の原因となり、質の良い睡眠を妨げます。

 

冷え性を解消し、良い睡眠をとるには?

 

睡眠は心と体を休め、細胞を修復し、記憶を整理するのにとても大切です。

 

睡眠時間は、ホルモン分泌や成長、疲労回復といった体のメンテナンスの時間であるため、睡眠不足は、免疫システムの衰えや肌荒れ、肥満といった体の不調の原因になります。

 

睡眠不足が長期間継続すると、常に交感神経が優位になるため、体の緊張が取れず健康にも悪影響を及ぼします。

 

入浴時にできること~睡眠の質を高める準備

 

入浴は寝る1時間前に

お湯の水圧により、血液やリンパの流れが促進されるので、入浴は睡眠の質に影響します。 入浴で上がった体の中心部の温度が下がるのには1時間程度かかるため、睡眠直前ではなく、1時間前に入りましょう。

 

温めのお湯でリラックス

温めのお湯(38〜40度)に10分程度ゆっくり浸かってリラックスすると、副交感神経が活発になり血流が良くなります。 入浴が無理なら足湯や首を温めるだけでも良いですね。

 

湯上りは湯冷めしないように

寝るまでに体の表面が冷えてしまうと、入眠時に熱の放散がうまくできなくなります。 布団に入る前や寝るときまでは、靴下や衣類で体の表面を温めておきましょう。

まとめ

 

結果は、靴下を履いたまま寝てしまうと・・・締め付けや発汗で逆に冷えてしまいます。

 

日頃から対策をしていたのに冷えが改善されず、なかなか眠りに付けない方多いのではないでしょうか。 根本的な冷えを解消するには靴下を履くだけでは解消されません。

 

日中の活動量を増やし、体温を上げることも冷えの解消に繋がり寝付きも良くなりますので、冷えは根本から改善することをおすすめします!!

冷えを改善したいのなら、当院のよもぎ蒸し

がオススメです\(^o^)/

是非試してみて下さい!!