太りにくいおつまみ

前回 「太りやすいお酒と、太りにくいお酒」についてブログを書きました。

 

 

その際『アルコールで太るというよりも、それと一緒に食べた料理やおつまみで摂った脂質や糖質で太る』というのもお伝えしました。

 

今回はお酒と一緒に食べても太りにくいおつまみを紹介します!

 

 

太りにくいおつまみ

生キャベツ

アルコールの分解の手助けや、胃の粘膜を保護してくれます。

 

サラダ

サラダといってもNGなものもあります。

例えば人気があるシーザーサラダは、ドレッシングやチーズがたっぷりなためカロリーが高いです。

ポテトサラダやマカロニサラダも同様です。

サラダを頼むなら、大根サラダ海藻サラダがおすすめ!

 

枝豆

定番のおつまみ枝豆。

糖質や脂質の代謝をサポートするビタミンB群が豊富な枝豆は、太りたくない方にピッタリ。

 

お刺身

理由はタンパク質が摂取できること、調理法がシンプルなこと、そして現代人に不足しがちな必須脂肪酸のオメガ3が摂取できることです。

オメガ3はコレステロールを低減させる効果があります。

 

焼き鳥

鶏肉料理なら唐揚げより、焼き鳥がいいでしょう。

ただし鶏皮はカロリーが高いのでNG。

 

唐揚げを含め揚げ物を頼んだ際には「レモン」をかけましょう。

レモンがアルコールの分解や、消化を助けてくれます。

 

キノコのメニュー

キノコは低カロリーで食物繊維を多く含んでいます。

そのため脂質や糖質の吸収を緩やかにする効果が期待できます。

 

〆はわかめスープ

居酒屋メニューは、こってりとして消化に負担がかかるものが多いです。

そこで、水溶性食物繊維を含むワカメが入ったスープを飲むと、脂質や糖質の吸収を緩やかにする効果が得られます。

また、ワカメに含まれるアルギン酸には、コレステロールを下げる効果や動脈硬化予防の効果が期待できます。

 

 

まとめ

体重を気にしている方は、太りにくいお酒と太りにくいおつまみで、うまくコントロールしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました