足のむくみ・だるさ

座り仕事や立ち仕事中心の人に多い足のむくみ。

むくみがそのまま疲労感につながる人も多いです。

平成22年に厚生労働省が行った調査では、「足のむくみ・だるさ」に悩みを感じている人は全体で29%、女性にいたっては42%もいることが明らかになりました。

むくみの原因は、体格や生活習慣など人それぞれです。

原因を探り、自分に合った対策を行いましょう。

むくみが起こる仕組み

むくみとは、細胞と細胞の間に水分(間質液)が過剰に溜まることによって生じる症状です。

間質液は、細胞に酸素や栄養を与え、細胞から炭酸ガスや老廃物を受け取って毛細血管に戻すといった血液と細胞の物質交換は間質液を介して行われます。

通常、毛細血管から出入りする水分量は一定となるようコントロールされていますが、何らかの原因で水分量のバランスが崩れ、過剰な水分が皮下組織に溜まってしまう―これが「むくみ」というわけです。

むくみを招きやすい人

健康な人の場合、足のむくみの主な原因は血流の悪さにあります。

通常、心臓から足に送られた血液は静脈を通って心臓に戻りますが、足の筋肉や組織による「筋ポンプ作用」が弱いと、静脈血を重力に逆らって心臓方向へ押し上げることが出来ないため、静脈血が溜まってむくみが起こります。

女性にむくみの悩みが多いのは筋肉量が少ないほかに、女性ホルモンのバランスの影響によって水分を体内に溜めこみやすいためです。

冷えによる血行不良、低血圧もむくみに関係します。

また、太っている人は心臓の負担が大きいので、静脈血を十分に引き上げにくく、むくみを起こしやすいです。

むくみを招く生活習慣

立ち仕事、座り仕事は長時間同じ姿勢でいるために、筋ポンプ作用が働かないためむくみやすいです。

運動不足による筋肉量が少ないことも、筋ポンプ作用が弱まる原因となります。

塩分の摂りすぎ

からだの中の水分量は、ナトリウムとカリウムによりバランスを取りながら保たれています。

ナトリウムの元となる塩分を摂りすぎると、そのバランスが崩れるのでむくみやすくなります。

不規則な生活習慣

食生活の乱れや過度なダイエットもむくみを招きます。

豚肉などに含まれるビタミンB1が不足すると代謝機能がうまく働かなくなります。

また、肉や魚、豆腐などに含まれるたんぱく質が不足すると、毛細血管が水分をやりとりする力が低下し、末梢に水分が溜まりやすくなります。

 

睡眠不足

むくみを解消する睡眠時間の不足はむくみを助長します。

足のむくみ対策

足を高くする

立っていても座っていても、長時間同じ姿勢でいると足の血流が悪くなり、うっ血を起こしやすくなります。

空いた時間に足を水平より高くするだけでも血流の改善に効果的です。

窮屈な衣類を避ける

締め付けの強い下着、足に合わない窮屈な靴は、血管を圧迫して血液の流れが悪くなるので避けましょう。

水分補給は適度に

水分は控えても多すぎても、水分濃度のバランスが崩れてむくみの原因となります。

適度な水分補給を心がけましょう。

入浴はぬるめのお湯で

熱いお湯では血管が収縮してしまうため、38~40度のぬるめのお湯につかりましょう。

入浴後はマッサージ、ストレッチをして血流を良くしましょう。

湯船につかれないときは、洗面器にお湯を張って「足湯」をするだけでもむくみの解消に役立ちます。

下半身を鍛える

静脈血を心臓へ押し上げる「筋ポンプ作用」の働きを高めるために、下半身、特にふくらはぎの筋肉を鍛えましょう。

ウォーキングや、スクワットがおすすめです。

規則正しい生活を送る

1日3食、塩分を控えながらバランスの取れた食事をとりましょう。

また横になると心臓に戻る血液量が増え、余分な水分が尿として排泄されますので、睡眠時間は十分に取りましょう。

むくみ対策に摂りたい栄養

体内の水分調節には、ナトリウムとカリウムをバランスよく摂ることが大切です。

日本人は塩分の過剰摂取の傾向があるので、カリウムを積極的に摂りましょう。

カリウムには余分なナトリウムと水分を体から追い出す働きがあり、大豆類や芋類、海藻類やバナナ、アボカドに多く含まれています。

また、昆布やわかめなど、海藻のぬめり成分を構成する「アルギン酸」には、体内のカリウムを増やしてナトリウムを排出する働きがあります。

むくみにはよもぎ蒸し!!

むくみが酷い時には、よもぎ蒸しをしましょう!

身体に溜まった余分な水分を体外に出してくれるためとても効果的です(^^)

また、身体がぽかぽかに温まるのでだるさにも効果があります!

初回お試しでよもぎ蒸しを受けることが出来ますのでお気軽にご相談下さい!

 

タイトルとURLをコピーしました