寝違えの意外な原因と対処法

寝違えで引き起こされる首の痛みや肩の痛みは、日常生活にも支障が出てしまうほどの痛みを伴うこともあり、できるだけ早めの対処をしたいところです。

寝違えの原因

寝違えを引き起こす原因は、主に睡眠中の姿勢が多いですが、体に合わない寝具も要因のひとつです。

頻発に寝違えが起こる方は、なにが原因なのかを把握すると良いでしょう。

首の場合

首の血管が圧迫され、流れが滞ってしまう事が原因で寝違えが起こるのが一般的です。

体勢を安定させるために睡眠時は定期的に寝返りを打ちますが、泥酔時や体調不良だと動きが制限されます。

寝返りが打ちにくい環境や、体調などによって引き起こしやすいので注意が必要です。

肩の場合

首の場合と同じく、肩周りの血管が滞ってしまう事が原因で寝違えが起こります。

デスクワークや運動など、肩に負担のかかる動きを多くした日に起こることもありますが、明確な要因は解明されていません。

睡眠中に体が冷えたことによる、血行不良も要因になるので、頻繁に起こる方は日常生活の見直しが必要です。

枕の場合

新しい枕に変えたり、外出先で枕が変わると寝違えを起こすことがあります。

例えば、枕が高すぎて首に多くの負担をかけてしまい、首周りの筋肉に炎症が起こる事が要因とも言われています。

また、硬すぎたり柔らかすぎる枕だと、寝返りが上手く打てずに血行を悪くしてしまうので新しく購入する際などは気をつけてください。

その他

さらに先ほども少し述べましたが、寝違えの原因が実は生活の乱れにあった というケースもあるのです。

日頃の暴飲暴食で内臓の疲れがあり、睡眠不足が続いたり、寝返り打てないほど疲れが溜まっていたりすると、寝返りが少なくなりして寝違えてしまうということが起こります。

意外とこの原因が一番多いです。

対処法

ひどい痛みがあり、痛い部分が腫れている、または熱感がある場合などであれば、まず冷やしましょう。

冷やすことで炎症が和らぎます。

そして体が温まる長時間のお風呂は避けましょう。

痛みを悪化させる可能性があります。

NG行動

炎症を悪化させるおそれもある、寝違えた直後にやってはいけないことがあります。

それは「とりあえず動作確認しよう」と、首を左右前後に倒してみたり、手で触ってみたりするのは良くありません。

寝違えは炎症、つまりケガです。

なるべく動かさない・触らないようにしてください。

痛みや違和感を治そうと、首のストレッチをしたりもんだりするのもNGです。

"痛いことはしない"

"安静にする"

これが基本です。

まとめ

寝違えは安静にしていれば自然に治りますが、痛みが出ている数日間はとてもつらいものです。

生活や仕事に少しでも影響が出ないように早期治療・早期回復を目指しましょう!

寝違えの治療も当院にお任せください。
予約はこちらからお願いします。

タイトルとURLをコピーしました