厚木で五十肩の治療~ツボ紹介~

五十肩

肩こり、腰痛で通院しているYさん ある日、背中を洗おうとすると肩が痛いのと・背中で手と手を組もうとしても組めないといった症状が現れ始めました

体の状態とお話を伺うと「五十肩」の症状に当てはまるものがいくつもありました。

Yさん自身も五十肩かも…^^;とおっしゃっていました。

五十肩の詳しい症状はこちらをご覧下さい。

四十肩・五十肩の正体
四十肩・五十肩の正体 『四十肩』もしくは『五十肩』という言葉を、1回は耳にしたことがあると思います。 実は四十肩や五十肩の正式名称は『肩関節周囲炎』と言います。 その名の通り肩関節の周囲に炎症が起きることで、動きが...

治療

Yさんには痛みが出ている患部への鍼とお灸・操体法をすることにしました。

治療をしたあとは少し肩の重さが抜ける程度でしたが患部の鍼だけではなく、手の指と指の間にある 「八邪穴」に鍼をしてみることにしました。

鍼を刺し、抜いて肩を動かすと「あれ?肩の痛みが減った!」とYさんも驚き!!

鍼の凄さを再確認できた瞬間でした(^^)

その後も八邪穴を使いながらも手にあるツボにお灸をしていくと、段々と肩の痛みも減りました!!

ピーク時の痛みは減ったものの0では無いので現在も肩の治療中です。

四十肩・五十肩に効果のある八邪穴

 八邪穴は手の甲側のちょうど水かき部分にあり、左右て8箇所あります。

ツボを手で軽くマッサージしてもOKですし、温めてもOKです。

Yさんにも八邪穴をセルフケアとして軽くマッサージしてもらっています!

四十肩・五十肩には鍼灸治療がおすすめ!!

四十肩・五十肩を発症して放置していても時間はかかりますが、痛みは段々と低下していきます。

しかし、放置すると可動域制限が出てしまい肩を動かしにくくなってしまいます。

肩が動かなくなり体全体を使うようになると、背中や腰などにも痛みが現れてしまいます。

なるべく放置せずに直ぐに治療を開始するようにしましょう(^^)

四十肩・五十肩の痛みや可動域制限は当院にお任せ下さい!!!!

お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました