精子の運動率が下がる理由は酸化

身体も錆びる

現代人はさまざまなストレスを受けながら毎日を過ごしています。

ストレスの中で、近年注目されているのが「酸化ストレス」です。

酸化とは鉄がさびたり、むいたりんごが赤茶色に変色する事を酸化といいます。

実は私たちの身体の中も鉄のように錆びてしまう【酸化】が起こることが分かっています。

その最大の原因が「活性酸素」と呼ばれるものです。

 この「活性酸素が体内に過剰に増える」ことを「酸化ストレス」と言い、男性のコンディション低下し、運動率が悪くなる傾向があります。

活性酸素が多く発生する原因

ストレス、紫外線や放射線、大気汚染、タバコ(受動喫煙含む)、薬剤、過度の飲酒、酸化された食べもの(特にマーガリンなどのトランス脂肪酸、ファストフード、加工食品、時間のたった揚げ物、インスタント食品やスナック菓子など)などが挙げられます。

活性酸素を抑えるためにできること

ストレス解消、禁煙、飲酒を適量にする、抗酸化作用の高い食べものを摂る(代表例として、ポリフェノール:緑茶やブルーベリー、ビタミンA:かぼちゃやニンジン、ビタミンC:イチゴやブロッコリー、ビタミンE:ナッツやアボカド、ほかにも色の濃い野菜や香味野菜など)

【ビタミンE】アーモンド、カボチャ、ウナギのかば焼き、植物油

健常な細胞膜の維持、中性脂肪やコレステロールの酸化防止、老化防止、赤血球の破壊防止

【ビタミンC】ブロッコリー、赤ピーマン、キウイ、柑橘類 など

コラーゲンの生成、筋肉・血管・皮膚・骨の強化、鉄の吸収率アップ、中性脂肪やコレステロールの酸化抑制、ポリフェノールの抗酸化作用増強

【リコピン(カロテノイド類)】トマト、スイカ、人参、柿 など 強い抗酸化作用

【ビタミンA】レバー、銀ダラ、モロヘイヤ、人参 など

緑黄色野菜光の感覚をつかさどる網膜色素の成分、健常な皮膚や粘膜維持、生殖機能の維持

食生活を見直して栄養素を心がけた食事をしっかり摂りましょう 私たちは、「酸化ストレスが高い=活性酸素が過剰」な環境のなかで日々の生活を送っています。

そのため、活性酸素を取り除くために、抗酸化作用のある栄養素をしっかりと摂ることが大切です。

また、これらの栄養素は、単独で摂るのではなく、さまざまな食品を組み合わせて摂取することで身体のなかで、より効率よく働くと言われています。

妊活中のコンディション作りのために、日々の生活習慣の見直しと栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

 

疲れが抜けない、眠れないなどの悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました