体外受精の移植後は鍼灸がおすすめ

いつ鍼をしたらいいの?

体外受精前と後、移植前と後でいつ鍼灸治療を受けたほうがいいのかという質問をよくいただきます。

海外で実験をしたそうなのでそちらについてお話します。

①体外受精の当日、胚移植の直前直後に鍼をするグループ

②体外受精の当日、胚移植の直前直後に鍼をし、さらに二日後にも鍼をするグループ

③鍼をしないグループ の3つのグループで比べました。

①は妊娠率が39%、妊娠継続率が36% ②は妊娠率が36%、妊娠継続率が26% ③は妊娠率が26%、妊娠継続率が22%   という結果だったということです。

この論文ですと、はりをしないよりは移植の前後に鍼をしたほうが妊娠率が高まるという結果が出ていますが、妊娠しやすい身体にするには、移植前後の治療だけではなく定期的に身体を整えておく必要がとても大切です。

どのくらいの期間通えばいいの?

鍼灸治療効果は、病気の性質や原因、年齢、などによっても1ヶ月に通院するペースなど異なってきます。

どのくらいのペースで通院が必要なのか体の状態を診てから決めていきます。

体質が変わるのにどのくらいの時間がかかるかご存知ですか?

初診でいらっしゃる方に言うとびっくりされますが、体質が変わるのに6ヶ月かかると言われています。

そのため、数か月で鍼灸治療をやめてしまうと、せっかく良い方向に向かっていたのにお金も時間も勿体なくなってしまいます。

当院は、体質改善や体の変化のためにも、6ヶ月は鍼灸を続けることをおススメしてます。

当院にはこんな方が来院しています

・体質改善をしたいが何から始めたらいいのか分からない方

・なかなか妊娠しない方

・仕事が忙しく病院に通院できない方

・採卵しても胚盤胞まで卵が育たない方

おうちでも体質改善

当院では、鍼灸治療のほかに自宅でお灸や漢方薬を飲むことによって無駄なく体質改善をすることが出来ます。

漢方薬は、その日の状態今後の移植状況などを聞いてオーダーメイドで漢方薬を処方しています。

不妊だからこの漢方というわけではありません。

そして、毎日の食事の写真を送ってもらい 食事の指導も行ないます。

外食が多い、油ものが多く野菜が少ない方が多くいらっしゃいます。

まず、ご自身がどんな食事を食べているのか、何が不足しているのか知ることが大切なんですよ(^^)

妊活体験会開催中

1日2名様限定で体験会を行っています。 詳しくはこちらをご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました