天気によって左右する気象病とは

『雨が降りそうになると、頭痛がする』

『台風が近づくと、古傷が痛む』

『天気が悪い日は、めまいがする』

天気、気温、湿度によって身体が不調になったことはありませんか?

それは "気のせい"ではなく【気象病】です。

気象病とは

気象病とは気圧や湿度、気温の変化によって引き起こされる身体の不調のことを言い、古傷が痛んだり、頭痛や関節痛、肩こり、めまい、疲労感、吐き気などがあげられます。

最近ではうつ病や喘息も気象の変化によって悪化することがわかってきています。

気象病チェック

・乗り物酔いしやすい

・ストレスを感じやすい

・片頭痛持ち

・よく耳鳴りがする

・新幹線や飛行機で耳が痛くなりやすい

・天気によって気分の浮き沈みがある

・肩がこりやすい

・季節の変わり目に体調を崩しやすい

 

上記に当てはまる人は気象病になりやすいので注意しましょう。

原因

実はこの気象病には「耳」「気圧」が深く関係しています。

耳の奥には気圧の変化を感知する内耳という部分があり、そこの血流が悪くなっていると、気圧のセンサーや自律神経に影響します。

「気象病」の症状が出やすい方は内耳が敏感で、気圧の変化を感じ取りやすい状態と言えます。

その他にも、気温差の大きい春先や低気圧が続く梅雨の時期、夏から秋にかけての台風シーズンは気圧が変動しやすく、身体に受ける影響も大きいです。

適切に対処して「気象病」の症状を解消しましょう。

予防方法

ここでは2つ紹介します。

耳のマッサージ

薬だけに頼らず、耳の血流を整えるマッサージをあわせて行うとよいでしょう。

耳まわりの血流が悪いと内耳のリンパ液が滞り、めまいや頭痛を引き起こします。

「気象病」の症状が出そうなときはもちろん、日頃から行うことで症状が起こりにくくなります。

① 両耳を軽くつまんで上に5秒引っ張る

② 横に5秒引っ張る

③ 下に5秒引っ張る

④ 耳を横に引っ張りながら、後ろに5回まわす

⑤ 両耳を包むように曲げて5秒キープ

⑥ 手のひらで耳全体を覆い、円を描くように後ろに5回まわす

 

朝・昼・晩に1回ずつ、まずは2週間〜1ヶ月続けてみましょう!

漢方薬

漢方薬でも「気象病」の緩和が期待できます。

内耳のむくみを取り、めまいを抑える漢方薬や、自律神経を整える漢方薬があります。

症状や体質にあわせて適切に服用してください。

「気象病」が起こりにくい体質へ

「気象病」と深く関わる自律神経を整えるため、規則正しい生活を心がけましょう。

特に重要なのは、睡眠食事です。

睡眠

まず早寝早起きを心がける、もしくは睡眠の質を上げることが大切です。

寝る1時間前に部屋の照明を少し落とし、スマートフォンの使用を控えることで睡眠の質が上がります。

起床後はカーテンを開け日光を10分ほど浴び、自律神経を整えましょう。

食事

次に食事です。

「気象病」対策におすすめの食材を意識して摂取し、「気象病」に負けない体質をつくりましょう。

【ビタミンB群】 豚肉、うなぎ、枝豆 等

【亜鉛】 牡蠣、ごま、アーモンド 等

【マグネシウム】 油揚げ、豆腐、きなこ 等

【鉄】 レバー、ほうれん草、あさり 等

まとめ

毎日変わりゆく天気の中で「気象病」は、誰にでも起こりえることですが、 きちんと対処をすれば怖くありません。

天気の移り変わりと付き合いながら 雨の日の体調不良や憂鬱な気持ちを解消し、快適な日々を過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました