辛い鼻づまり数十秒で解消

花粉シーズン鼻づまりで仕方なく口呼吸していませんか??

鼻づまりは、鼻水が大量につまっているのでは無く、粘膜の血管がうっ血して起きてしまい、空気の通り道が狭くなり、鼻がつまってしまっている状態です。

いくら鼻をかんでも治らないはずですよね・・・。

そんな鼻づまりを今すぐできる改善方法をお伝えします!!

ツボを押して症状解消

私も花粉症で鼻づまり・サラサラの鼻水が出てしまい辛い思いをしたのですが、ツボを押して解消しました(^^) 効果的だったので皆様にもお教えします!

鼻づまり

迎香(げいこう)

小鼻(鼻柱の左右のふくらみ)の脇 押すとズーンっとした痛みがあります。

印堂(いんどう)

左右の眉毛の内側を結んだちょうどど真ん中

まず、鼻づまりに即効性があるツボとして、印堂(いんどう)と迎香(げいこう)の2つのツボがあります。

印堂は鼻の通るまでしばらく、少し強めにじわじわと押して見てください。

頭の疲れも取れるツボなので、花粉症で集中力が落ちた時にも使えるツボです。

“香りを迎える”という意味で名付けられた迎香もうってつけです。

迎香は小鼻の両脇にあり、ぐーっと強めに10秒くらいを1セットにして、鼻の通りがよくなるまで押してあげてください。

サラサラの鼻水

上星(じょうせい)

顔の中心線上でおでこの髪の生え際から親指の横指幅1本分上。

頭や呼吸器系の血行をよくするので、頭痛やサラサラの鼻水、鼻づまりなどの症状に効果的。風邪のひきはじめなどにも試して見てください。

ツボを押す時は痛気持ちいくらいの強さで押すようにしましょう!

ツボ以外にも…。

ツボ以外にも鼻づまりを解消する簡単なやり方があります!

鼻がつまっている側と反対側の脇の下にペットボトルをはさむと、すぐに鼻の通りが良くなり、早ければ10秒くらいで変化がおきます!

私はペットボトルは使用しませんでしたが、圧迫したい方の脇を下にして横向きで寝てみましたが、鼻の通りが良くなりました(^^♪

ペットボトルを使わないで鼻が通ればOKですが、もしそれでも解消されない場合はペットボトルを使ってみてください!

鼻づまり以外にも…

実際に舞子さんの高帯もその反射を利用して、帯の上方の顔や首の汗を止めてお化粧が崩れるのを防止しています。

逆に下半身の汗を止めたいのなら、 腰当たり圧迫することで汗を止めることが出来ます!

不思議な反射ですよね…。

他にも、交感神経が活発になると、鼻の中の血管が収縮して粘膜の腫れが引くため、鼻の通りが改善されることが期待できますのでウォーキングやジョギング、筋トレなどをしても鼻の通りが良くなります(^^)

このような反射やツボ、運動をして辛い花粉症シーズンを乗り越えましょうね!!

タイトルとURLをコピーしました