【最新】妊婦の体重増加の目安

妊娠中の女性の適切な体重増加量について、日本産科婦人科学会は、新たな目安を公表しました。

赤ちゃんの発育などを目的に、厚生労働省がこれまで示していた目安よりも増えます。

妊婦がやせすぎていると、栄養が不足して赤ちゃんの発育に影響が出たり、自然分娩が難しく帝王切開になったりするおそれがあるということと、低体重で生まれた赤ちゃんは成人後、糖尿病や高血圧になりやすいとの報告があることを踏まえ、新たな目安を決めたそうです。

BMIを知る

体重増加の目安は妊娠前のBMIによって異なります。

まずはご自身のBMIの数値を知っておきましょう。

BMI = 体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

18.5 未満    → やせ

18.5 〜 25 未満 → 標準

25 以上     → 肥満

ここでは上記のように示すとします。

体重増加目安【改訂前】

〈やせ〉 9〜12kg

〈標準〉 7〜12kg

〈肥満〉 個別対応

この体重増加は妊娠10ヶ月の出産直前の目標体重です。

体重増加目安【改定後】

〈やせ〉 12〜15kg

〈標準〉 10〜13kg

〈肥満〉 7〜10kg

BMI 30以上の場合は上限5kgを目安に指導。

まとめ

妊娠中の体重管理はとても大切なことですが、それでイライラしてしまうのも良くありません。

頑張りすぎず、ストレスを溜め込まないようにして乗り越えましょう!

タイトルとURLをコピーしました