【産後の方必見】産後の骨盤矯正はいつから出来る?

こんなお悩みありませんか??

・腰周りに痛みがある

・足がむくむ、むくみやすくなった

・左右の肩の高さが違う

・股関節に痛みがある

・妊娠前に履いていたズボンが入らない

ような症状がある方は治療をする必要があります。

産後骨盤が歪む原因

骨盤が歪んでしまう最大の理由は、出産時に骨盤を大きく開くためです。

ずれてしまった骨盤は本来、インナーマッスル等の働きにより徐々に元の状態に戻っていきます。

しかし、妊娠中は身体の重心が変わることで歩き方も変わってしまい、骨盤を支える筋肉のバランスが崩れやすくなっています。

また、妊娠が成立すると卵巣から分泌されるリラキシンというホルモンには、骨盤の靭帯をゆるめる作用があり、出産前後は骨盤が非常にずれやすくなってしまいます。

そんな中、子育てや家事、職場復帰などの日常生活に戻ることで、骨盤の歪みはますます歪む一方です。

これが、産後に骨盤が歪んでしまう理由です。

産後に歪みが改善しない、悪化してしまう理由

骨盤の歪みは、生活リズムの変化や運動不足にも大きく影響されます。

例えば、子育てが始まり、子供を抱っこする時間が長くなると、背骨や骨盤の正しい位置の維持が因難になります。

また、抱っこにもクセができ、片方の腕ばかりで抱っこをしてしまうと、さらに歪みが進行します。

子育てをしながら家事や仕事に励むという状況が、治療に集中する時間が取れない要因にもなっており、症状の悪化につながってしまうのです。

産後の骨盤矯正はいつから受けられるのか?

治療院によっては産後すぐに骨盤矯正をできるところもありますが、

当院は、産後3ヶ月から治療を開始します。

※腰痛、肩こり、頭痛などの治療はいつからでもOKです。 出産後の1~2ヶ月の間は、体力回復期問で、骨盤はとても不安定な状態です。

その間に、産後の骨盤に刺激を与えることは望ましくないと考え、当院では産後3ヶ月から骨盤矯正を始めます。

帝王切開などでまだお腹などに痛みがある場合は動いても痛みが出ないようになってから治療開始となります。

産後1年以上が経過している方でも、骨盤が開いたまま固定してしまっている方も多くいらっしゃいます。

ポッコリおなかが気になる方や、産後に腰痛になりやすくなったという方は、いまからでも遅くないので産後骨盤矯正を受けることをおすすめします。

当院の骨盤矯正

当院の骨盤矯正はボキボキとした整体ではなくとてもソフトな骨盤矯正です。

私自身ボキボキする治療は構えて身体に力が入ってしまいます。

そんな、ボキボキが苦手な私でも安心して受けることの出来る骨盤矯正なので安心して受けてくださいね(^^)

筋トレ指導

産後はインナーマッスルなどの筋肉が落ちている方が非常に多くいらっしゃいます。

落ちてしまうとかえって体の歪みや身体の負担になってしまうので、治療後は筋トレの指導をしていきます。

治療だけではなく、セルフケアもとても大切なので指導をするようにしています。

ご予約はこちらから

産後3ヶ月経ってないけど、肩こり、頭痛が酷い……。という方は骨盤矯正をすることは出来ませんが鍼灸・整体治療を行い改善をしていくので我慢せずにご連絡ください(^^)

タイトルとURLをコピーしました