季節の変わり目は体調不良に注意!

3月~5月の季節の変わり目は寒暖差と気圧変動が大きく、体調を崩しやすい時期と言われています。

毎年この時期になると、花粉症や鼻炎、結膜炎などに悩まされる方が増え、ぜん息をお持ちの方は症状が重くなる傾向がみられます。

また花粉症でも風邪でもないのに、せきやくしゃみ、鼻水、頭痛、肩こり、倦怠感といった身体の不調を訴える人が続出します。

季節の変わり目に体調を崩す理由として、急激な寒暖差や気候変動に身体がうまく適応できず、強いストレスがかかることで「自律神経が乱れる」ことが考えられます。

今回は、季節の変わり目に起きる体調不良の原因と、元気に乗り切るための対策を紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね\(^o^)/

春は自律神経を乱す条件が多く重なり合う季節

自律神経には、体の活動時や昼間に活発になる「交感神経」と、安静時や夜間に活発になる「副交感神経」があり、この2つの神経がバランスをとりながら、内臓や血管などの働きをコントロールして、身体の状態を整えてくれています。

自律神経は自分の意思でコントロールができず、ちょっとしたストレスでも乱れてしまいます。

さらに、季節の変わり目のこの時期は「自律神経を乱す条件が多く、重なり合う」ことからも体調不良が起きやすいのです。

急激な寒暖差

私たちの身体の体温調節を行っているのは自律神経です。

しかし、急激な寒暖差により自律神経が乱れると、体温調節がスムーズに行われなくなります。

すると余計にエネルギーを消耗しなくてはならなくなり、疲れやストレスを感じやすくなってしまいます。

気圧の変動

春は高気圧と低気圧が、数日の周期で交互に入れ替わることで、自律神経の切り替えがスムーズにいかなくなり乱れてしまいます。

また頭痛や眠気、倦怠感といった症状が出やすくなります。

生活環境の変化

3月~5月は入学や卒業、就職、異動、転勤のシーズンです。

生活環境やライフスタイルの変化は、自覚はなくても強い緊張やストレスをともなっている場合が多く、自律神経が乱れやすくなります。

花粉や黄砂の飛散

春といえばスギ・ヒノキ花粉の季節です。

北海道の飛散時期は4月下旬~ 6月下旬にかけてで、花粉症の不快な症状が強まります。

花粉以外でアレルギー症状を引き起こす物質として挙げられるのが黄砂です。

黄砂は年間を通して飛散していますが、偏西風の影響が強まる2月~5月、ちょうど雪解け後の今の時期に多量に飛散してきます。

また急激な寒暖差も、せきやくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどを誘発する原因となり、疲労やストレスがかかることで体調を崩しやすくなります。

生活リズムの乱れ

人間は体内時計に乗っ取って生活しています。

そのため、体内のリズムが狂わないように調整することが、春を元気に乗り切るための基盤になります。

しかし先程も書きましたが、春は急激な寒暖差や気圧変動、環境の変化、アレルギーなど体内リズムを乱す要因が多く、重なり合います。

ストレスや疲労から抵抗力が弱まり、自立神経も乱れがちなので要注意です。

季節の変わり目を不調しらずで過ごすための対策

季節の変わり目を不調しらずで快適に過ごすには、急激な寒暖差や気圧変動、アレルギーなどに耐えられる体づくりを行い、痛みや疲労、ストレスを感じる頻度を減らすことが大切です。

そこで効果的な対策となるのが「自律神経のバランスを整える」ことです。

睡眠環境を整える

睡眠環境を整えることで睡眠の質が向上し、疲労回復やリラックス効果が高まります。

睡眠時間はとれているのに眠りが浅く、疲労が残る場合は睡眠環境に問題があるかもしれません。

寝室の温度や湿度、照明、空気環境、香り、寝巻などを見直してみるといいでしょう。

運動

自律神経を安定させるのにおすすめの運動は、ウォーキングや軽めのランニング、水泳、ストレッチ、ヨガといったゆっくり長くできるものです。

体を動かすことで心臓から血液が送り出され、セロトニンといった感情や気分の安定に深く関わる神経伝達物質が活性化します。

適度な運動はリラックス効果があり、ストレス解消にも効果的です。

食事バランス

生活リズムを整えるためにも、栄養バランスのいい食事を心がけることは大切です。

なかでも積極的にとりたい栄養素がビタミンB群とミネラルです。

不足すると自律神経のバランスが乱れやすくなるので、日頃から意識して摂るようにしましょう。

豚肉やレバー、鮭、大豆、アーモンドなどに豊富に含まれています。

入浴

37℃~39℃のぬるめの温度で10分以上ゆっくり入浴すると、副交感神経が刺激されて緊張がゆるみ、自律神経がリラックスモード切り替わります。

※温度が高すぎてしまうと逆効果になってしまうので要注意!!

深呼吸

仰向けに寝転がり、お腹に手をあたて、鼻から大きく息を吸います。

鼻から大きく吸い込んみお腹がパンパンになるまで吸い込むのがポイントです。

次は、口からゆっくりと息を吐き出します。

この時は、お腹がぺったんこになるまで吐き続けましょう。

この呼吸を3回繰り返すと自律神経が安定してくれます(^^)

花粉症の症状軽減

花粉症対策の基本は、薬の服用と外出時のマスクや帽子で花粉にできるだけ触れないことですが、自律神経が乱れることでも鼻水や鼻づまり、目のかゆみといった症状が悪化します。

同じ花粉症でも症状が重い人と軽い人がいますが、自律神経が乱れがちな人は、花粉症やアレルギー物質に敏感で、季節の変わり目で症状が悪化しやすくなります。

自律神経を整えることで、花粉症やアレルギー症状の軽減も期待できます。

春の不調を乗り越えましょう

季節の変わり目で「疲労や倦怠感が抜けない」「せきや鼻水の症状が悪化してつらい」など心身の不調を感じているのなら、自律神経を整える視点から日常生活を見直してみましょう。

自律神経を整えることが、急激な寒暖差や気圧変動に耐えられる体づくりに役立ち、春の不調を乗り切るために必要なのです。

鍼灸・整体治療でも自律神経を整えることが可能です。

身体の調子が良くない場合はご相談ください。

 

タイトルとURLをコピーしました