妊活に必要な栄養とは

妊活にタンパク質

「何のサプリを買えばいいですか?」と質問されることがあります。

最近では不妊専門のクリニックでも亜鉛や葉酸を含んだサプリメントが販売されているそうです。

サプリメントは栄養補助食品です。まずは日頃の食生活を見直した上で必要な栄養をサポートすることをお勧めします。

まず妊活する上で必要な栄養素はタンパク質です。

タンパク質が必要な理由

身体から水分と脂質を除くとタンパク質です。

筋肉、骨、臓器(子宮や卵巣)、皮膚、爪の主成分はタンパク質です。

つまり子宮卵巣を構成する成分もタンパク質なのです。

冷えを解消するタンパク質

妊活している人で冷え性の女性が多いのですが、食事誘発性熱生成に消費されるのは

・タンパク質約30%

・糖質約6%

・脂質約4%

つまりタンパク質を摂ると体が温まりやすいのです。

筋肉の約80%がタンパク質で出来ています。

そのため筋肉が落ちると基礎代謝が低下します。

1日の消費エネルギーは、

・基礎代謝7割

・運動2割

・食事1割

運動をしなくても基礎代謝によって体温維持や呼吸や心臓が動いているだけでカロリーが消費されます。

つまり筋肉が多い方が身体を温めることが出来るので、適度な運動とタンパク質を摂取することが大切です。

タンパク質の必要量

18歳以上1日のタンパク質推奨量

男性60g、女性50g(目安は体重g)

運動をする場合は1.6倍の量が必要です。

食材に含まれるタンパク質の量

目玉焼き:タンパク質6.2g

肉、魚100g:タンパク質20g

つまり体重50kgの女性は1日に50gのタンパク質を摂取するのに卵なら8個、肉魚なら250g必要です。(ハムやソーセージは脂質が多く含まれているので注意)

ちなみにアルコールを摂取すると筋肉を作る働きが30~40%低下します。

食欲抑制、疲労回復効果

タンパク質は食欲を抑えるホルモンが出るから食後の満腹感を高めてくれます。

1回の食事で炭水化物の割合が多い人は、肉や魚など多めに食べるようにシフトした方が満腹度が高まります。

さらに疲労回復にもタンパク質に含まれているBCAAという成分が筋肉の合成と肉体の疲れを解消する効果があるので、疲労やストレスを理由に甘いものを食べてしまう人は食事の中でタンパク質を摂取する量を増やしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました