肩こり・腰痛に次ぐ多い症状

肩こり・腰痛に次ぐ症状

鍼灸治療で来る方の悩みで多いのが【肩こり】【腰痛】です。

次いで最近多いのが【眼精疲労】!!!

目が充血する、ショボショボする、ぼやける、かすむのも眼精疲労の症状です。

目以外にも肩こり、頭痛、めまい、吐き気など体に症状が現れることもあります。

解消法4つ

① まばたきを意識して、休憩をとる

長時間集中して作業をすると、無意識にまばたきの回数が少なくなり疲れやすくなってしまいます。

② 遠くを見てみる

作業をするとき、近くですることが多いですよね。

するとピントを合わせるために目の中にある筋肉が、ずっと緊張した状態になってしまいます。

遠くを見て筋肉を緩めましょう。

③ 目を温める

緊張した状態が続くと、目の周りの血流が悪くなります。

蒸しタオルやホットアイマスクで温めて血流を良くしましょう。

④ 目のツボをマッサージ

《魚腰》黒目と眉毛の間、骨の際にあります。

《攅竹》眉頭にあります。

ツボを押すときは指の腹で2〜3秒、優しく押してみましょう。

実際にやってみて

私自身もこの4つを日頃やってますが、④は特に痛気持ち良く頭もスッキリするのでおすすめです。 ③は仕事中すぐにできるものではないので、疲れた日の夜寝る前にやるとリラックスもできていいと思います。

まとめ

パソコンの画面、スマホの画面を見ない日がない現代。

上記の解消法を行い、予防していきましょう。

鍼灸治療も眼精疲労に効果的ですので、気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました