海老名市在住の50代男性のKさん。

 

今年に入ってからランニングを始め、

先週末、フルマラソンに初出場。

 

見事、完走しましたが、

ゴール後、左膝の外側に激痛が走り、

まともに歩けなくなってしまいました。

 

足を引きずりながら、

なんとか帰宅し、

自宅で安静にしていましたが、

次の日の朝になっても激痛のまま。

 

その日は会社に行かなければなりませんでしたが、

通常の倍の時間をかけてなんとか出勤。

 

職場の仲間に心配をされて、

「鍼灸治療を受けると良くなるのでは?」

と言われたそうで、

その日のうちに当院へ治療を受けに来ました。

 

当院に来院された時も、

まだ痛みが強いそうで、

足を引きずっており、とても辛そう。

 

痛みで左の太ももを上げることができません。

太ももを上げられないので階段も登れないそうです。

 

話を聞くと、

「11月の下旬にもフルマラソンに出たいから、

なんとか治したい!」

とのことでした。

 

早速、お身体の状態を診てみると、

左の膝は痛みが強く、ほとんど曲がりません。

 

左足全体の筋肉の張りもかなり強くなっています。

 

もともと足がO脚になっていることも気になっていたそうで、

そのままフルマラソンを走ったため、

膝の外側に負担が集中し、

痛みが出てしまったそうです。

 

なので、

まずは痛みや筋肉の張りを取るために、

鍼灸治療をしていきました。

 

すると、鍼灸をした場所はすぐに筋肉が緩んでいき、

膝の曲げ伸ばしがスムーズに出来るように。

 

立って屈伸をするとまだ痛みが出ています。

なので整体治療をして、膝の調整をしていくと、

屈伸をしたり、

太ももを上げて、足踏みも出来るようになりました。

 

Kさんも、

「お~!!不思議!さっきまで痛くて曲がらなかったのに。」

「これでまた走れますね!」

と喜んでいただきました。

 

 

とは言っても、

まだ膝が完全に完治したわけではありません。

 

Kさんにも説明をしましたが、

膝の中の組織が傷んでしまったのが、

治療をすることで完全に修復したわけではありません。

 

治療後は血流が改善し、負担もかかりにくくなっているので、

痛みが出にくくなっています。

 

しかし、また同じように負担をかけてしまうと、

傷んでしまった組織がさらに傷んでしまいます。

 

スポーツなどで怪我をしたり、どこか傷めてしまった場合は、

なるべく早めに治療をすることも大切ですが、

もう一つ大切なことは「安静」です。

 

しっかりと治療をして、回復力を高めていき、

安静にすることで、さらに回復するまでの時間が早まります。

 

これからの時期、

気温が下がってくると怪我をする方が増えるので、

準備運動などをしっかりと行い、

怪我の予防に努めてください。