さがみ鍼灸整骨院の奥田真以です!
ブログ読んでいただきありがとうございました!

鍼灸治療で通院中のIさん。
先月下旬に来た際に
右肘の外側と右腕、右手首に痛みがある状態で、
ひどい時は何もしてなくても痛みが出ます。


当院に来る前に整形外科で
【テニス肘】と診断をされたそうです。


Iさんは『テニスやってないのにな〜』と
言っていました。

テニス肘はテニスをやってる人が
なるとは限りません!



正式な名前は【上腕骨外側上顆炎】。

ビジネスマンやOL、主婦など
手首に負担がかかる方がなりやすいです。


例えばパソコンでの作業。
キーボードを打つ時、マウスを使う時、
無意識だと思いますが
その際手首が反っているんです!

その状態を1日何時間もやっていると
腕の筋肉に負担がかかってしまい
血流が悪くなり、硬くなります。

そして筋肉がくっついている骨(肘の外側)に
負担が大きくかかるため痛くなってしまいます。

これが【テニス肘】=【上腕骨外側上顆炎】です。



Iさんには肩や腕周りの鍼灸治療と
操体法で骨盤の調和を取りました。

週1〜2回のペースでやっていくと、
痛みもだんだん減っていき、
今では痛みがない日が何日も続く時が
あるくらい改善しました。


テニス肘は誰にでも誰でも
なる可能性があるものです。

ご自身はもちろん、
周りで困っている方がいましたら
お気軽にご相談ください(^_^)